とある教師の独り言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート5)~
見出し画像

とある教師の独り言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート5)~

正則学園高等学校


私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。
指導教科は、英語

今回は、「とある教師の独り言(モノローグ)」パート22

ヤア!ボクマッキー!ミンナ!ゲンキカナ?ハハッ!
(某とても有名なネズミキャラクターの口調で)

…。

気を取り直して。

さて、今回のタイトルは、「~私の「元気が出る曲」(パート5)~」である。

No music, no life.

こうやって見てみると、自分の脳内がどういう割合を占めているかがよくわかる。音楽の割合は、「割と(割合だけに…)」多いようだ。

…。フム。調子が悪いようだ。

さて、今回の「元気が出る曲」は…?

どちらかというと、落ち着ける曲かもしれない。癒し系の曲だ。

読者の皆さんは、「ピアノ」は弾けるだろうか。私は、ピアノが全く弾けない。高校生の頃、合唱部に所属していたのにも関わらず、指一本で音取りをしていた。(もしも~ピアノが~♪)
「ピアノがカッコよく弾けたら!」と思って「君をのせて」の前奏の練習をして、諦めた記憶がある(笑)。

ピアノと言えば、最近は、YouTuberの中にもテレビに出るほどの売れっ子も出てきているようだ。(個人的に好きなのは、選曲が自分にかなりドはまりしている“あの”YouTuberピアニスト”。先日、登録者数が140万人を超えたということで、140分耐久ピアノメドレーをやっていて、感動したり、笑ったりで楽しませてもらった。)

ただし、今回紹介するのは、ピアニストのキャラクターが登場する、某音楽ゲーム。(またゲームかい!)

元々は台湾のゲームメーカーが作ったものだが、日本でもかなり浸透してきており、リメイクや映画など、知っている人も多いのではないだろうか。

そのゲームには、多くのコンポーザー(作曲者)が楽曲を提供しているのだが、その中でもmakkiがお気に入りなのが「V.K.」さん。流れるピアノがもう最高である。癒し系のメロディに、疲れている日などは涙が自然と流れる。

彼の曲はどれも好きなのだが、特に好きなのは(あー、選べないが!!)、「Wings of Piano」と「Evolution Era」である(タイトルからしてカッコいい!!)

ぜひ一度、聴いていただきたい。
(弾けたらかっこいいだろうな…と思いを馳せてみる(笑))

もう少し、好きな音楽系で書き進めてみたいと思うので、音楽好きなそこの読者は(音楽好きでないそこの読者も)、これからもmakkiのくだらない戯言(モノローグ)にお付き合いいただければ幸いである。
ではでは。

Auf Wiedersehen!

(そこ、英語じゃないんかい!)


この記事が参加している募集

スキしてみて

私の勝負曲

고마워!
正則学園高等学校
東京都千代田区神田の男子校、正則学園高等学校です。 2021年10月16日で創立125年を迎えた伝統校ですが、どんどん新しくて面白いことにチャレンジしています。