「漢熟ラジオ」第2回の編集後記🍅
見出し画像

「漢熟ラジオ」第2回の編集後記🍅

正則学園高等学校

はいどうもこんばんは、完熟トマトです。

いやもう、「何回言うんだ」って話ですけども、皆様大変長らくお待たせいたしました「漢熟ラジオ」第2回の編集後記をお送りいたします。

第2回の動画はコチラ👇

いやー、時間を見つけてなんとか編集作業を終わらせて公開するところまでは漕ぎ着けましたが、やはり年度末から新年度にかけてはバッタバタでして。

編集後記もだいぶ遅くなってしまいました。

しまじろうも「ごめんね」と言っています🙇

さてさて。

初回生放送からしてそうだったんですけども、「漢熟ラジオ」とはいうものの、映像付きの YouTube 配信という形となりましたので、ラジオというよりは実質的にトークバラエティ動画なんですよね。

なので、今回の動画編集に当たっても、なるべく「それっぽく」作ってみたつもりなんですが、いかがでしょ。

以前に創作活動について書いた記事でも、「すべての創作物は、だれかのコンテンツに影響を受けたうえで、自分なりにアレンジして作られている」という note社 のディレクター中野様の言葉を引用したことがありますが、動画編集もそうなんですね。

このところ、自宅にいるときは「オモコロチャンネル」ばっかり見ているからなのか、編集の仕方も多分に影響を受けているんじゃないかと思うのですが、どうなんだろう。

というか、参考にする気満々で、一方でオモコロチャンネルを垂れ流しながら、もう一方で編集作業を進めていたりしたんですけどねw

テレビでバラエティ番組やってるのを見かけたときも、内容よりもテロップの付け方とかを気にしてしまったりとかw

ということで。
動画編集って楽しくないわけではないですけど、時間も手間もかかるし、結構感性が問われたりするので、なかなかに大変な作業なんですねw

不慣れなもので、まだまだ荒削りではありますが、頑張って編集したので、ぜひお楽しみいただけますと幸いです🙇

って、今回は本当に「編集後記」になってしまったなー。

内容についてチョットだけ触れておきますと、今回もボケようボケようとして滑り倒す熟年教員たちに加えて、くりえみさんの「そこまで言っちゃっていいの!?」なぶっちゃけトーク、さらに意外と天然(?)な一面も見られたりと、盛りだくさんの30分となっております!

番組中では、本当に誰も想定していなかったハプニングも起こっちゃったりしていますよ!

どう編集したものか頭を悩ませましたわ。やってくれたな、○ーさんw
(どこのことなのか探してみてくださいね!)

ということで、くりえみさん、マネージャーの和泉さん、そしてラジオブースを貸していただいたほぼ日さん、今回も快くお付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。また何卒よろしくお願いいたします🙇‍♂️

さあ、そして!

皆様お待ちかね!

視聴者プレゼントのコーナー🎁


今回はなんと、番組中でくりえみさんがハグしてくれた「しまじろう」を、くりえみさんの直筆サイン入りで、抽選で1名様にプレゼントいたします❣

なぜ「しまじろう」なのかはぜひ動画本編で!w

以下の応募フォームより、奮ってご応募ください❣

ということで、「漢熟ラジオ」第2回の編集後記をお送りしました。

ちなみに第1回は、初回生放送SP
アーカイブ動画が公開されていますので、第2回と併せてぜひ御覧ください。

初回生放送のアーカイブ動画はコチラ👇


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
王侯將相寧有種乎
正則学園高等学校
東京都千代田区神田の男子校、正則学園高等学校です。 2021年10月16日で創立125年を迎えた伝統校ですが、どんどん新しくて面白いことにチャレンジしています。