圧巻❣学校の1フロアが【夏休み限定】現代アートの美術館に、体感するなら今でしょっ✨【K19/K22】
見出し画像

圧巻❣学校の1フロアが【夏休み限定】現代アートの美術館に、体感するなら今でしょっ✨【K19/K22】

画像2

7月30日(金)~8月28日(土)まで国際芸術祭の2会場になている正則学園。美や芸術は自分の目で見るものであり感じ、何よりも自身で体感することとビッグバンド(Jazz)&花いけ男子メンバーには常に伝えてます。

そこで、初日の7月30日(金)にみんなで体感してみました✨

順路は、7階 ➡ 6階

画像5

どちらの会場も予想を上回る、良い意味で裏切ってくれました笑笑

やはり、芸術は「すごい」と思うのです。

そこで今日のnoteでは、6階の現代アートを少しご紹介❣

作家:佐藤直樹 

そこで生えている2013-2021

植物を中心としたモノクロームの巨大な絵画、2013年に始まり250メートルにも及ぶ。【東京ビエンナーレ:K19】

画像4

注意:K26なのかK19なのか、どっちが正しいかは気になさらずに笑笑
もっと感じてアートを楽しんでください、
完璧な人はいないです、完璧なのは「数」だけです


最大の魅力の一つが、現在も生えているんです…

そして会場の雰囲気✨と演出が最大の魅力の一つ

都会のド真ん中の6階に「植物の森」が登場
ひんやりと涼しい、暑いお昼でも感じてご覧いただけます

花いけ男子メンバーと一緒に250mの巨大絵画「炭木画」に圧倒されながら植物の森に入り込んでいきました。2014-2021の作品が250m続くんですね~

画像3

画像6

画像7

画像8

画像10

画像11

画像12

画像13

画像14

画像15

画像16


2013年の原点となった作品も登場するなど、しっかりとした導線がまたプロは違うな✨(生意気言ってすみません🙇💦)って本当に感心することばかり

画像17

画像18

何なら校舎の壁に描いていただけたらなんて勝手に思ってました


とある生徒は「ユリ」の絵を数枚色んな角度から写真を撮ってました📷

そうなんです、写真撮っても良いんですよ❣但しフラッシュは禁止。ルールは守りましょう

そして、題にもあるように

「そこで生えている」

んです、つまり2021年、今現在も続いているんです。

そこで生きている04

現地で作家が描いてます……えって思ったますよね?本当に作家の佐藤直樹先生がいらっしゃって描いてますし、お話までしてくれます❣(ここも魅力の一つ)。生徒たちがいたからですかね笑笑。でも本当に炭で描いてる姿なども見ることができました。佐藤直樹先生、ありがとうございました、また体感しに行きますね✨

そこで生きている01

是非にを見て、再度、終わりの頃に来てみたら、日々生えている植物がみられると思います(ここも魅力の一つ)。常に進化しながら、そして「現在の作家の佐藤直樹先生の力」が木炭画をより生き生きとして、私たちには生命を感じる絵と思いまいた。

そこで生きている03

学校がこんなにも変わるの?
現代アートってやっぱりすごいね✨
これがうちの学校で見ることができるってすごくない?
いや~この学校に就職してて良かった、こんな機会ないですよ!
生徒たち呼んで見せないとなどなど、先生方から大好評です✨✨

是非に一度、

体感

しに来てください

※来場は14時以降が狙い目です❣
✨それでは正則学園でお待ちしております✨

【お得情報】
中学生以下は無料ですから遊びに来てください笑笑

Let's call it a day❣
100m王者は誰になるか気になりますね

画像1

画像22


この記事が参加している募集

スキしてみて

謝謝!
東京都千代田区神田の男子校、正則学園高等学校です。 2020年10月16日で創立124年を迎えた伝統校ですが、どんどん新しくて面白いことにチャレンジしています。