とある教師の独り言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート9)~
見出し画像

とある教師の独り言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート9)~

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。

指導教科は、英語

今回は、「とある教師の独り言(モノローグ)パート27

人間は、「忙しいときほど他のことをしたくなる」らしい。翌日に受験を控えた生徒が、前日に掃除をしてしまう、などという話はよく聞く話である。makkiも記事を書くときは、「時間があるとき」ももちろんそうだが、意外と忙しいときもあったりする。(ちなみにこの記事を執筆しているのは、保護者会を控えた朝である(ソワソワ)。)逆に、私の記事を読んでくださっている読者は、どんな時間帯に読んでいるのか。気になるところではある。

さて、今回のタイトルは、「~私の「元気が出る曲」(パート9)~」である。

No music, no life.

音楽はいい。「あれはいいものだ。」(笑)

自分で言うのもなんだが、どうしても授業中もダジャレやギャグ、漫画・アニメ・ドラマ・ゲーム等の有名な名台詞やフレーズ、タイトルなどを入れ込んでしまうことがあり、ふざけているわけではないのだが失笑を誘うことがある。(…反省事項だろうか…)

…さて。気を取り直して、今回の「元気が出る曲」を紹介しよう。

今回は、授業で扱っている教材から。

知っている人も多いであろう、あの曲である。

最初のフレーズはこちら。

「There comes a time when we heed a certain call ~♪」

これで分かったそこのあなた。

なかなかやりおるな(笑)

タイトルは…、

We Are The World」である。

聞いたことがない方は、一度聴いてみて頂きたい。

…だが。

今回紹介したいのは、「この曲」ではない。

読者の皆さんは、2010年の「ハイチ地震」を覚えているだろうか(知っているだろうか)。

(私は忘れていた。(え))

実はこの「We Are The World」、ハイチで被災してしまった人たちのために、「We Are The World 25 for Haiti」としてリメイクされているのである!

こちらも、本当に元気が湧くとてもすてきな曲である。

この記事を書きながら、鼻歌が勝手に出てくるほどである。

(周囲の先生、ごめんなさい(汗))

さあ、保護者会の時間が近づいてきた。

ではまた、次の記事でお会いしよう。


この記事が参加している募集

スキしてみて

王侯將相寧有種乎
東京都千代田区神田の男子校、正則学園高等学校です。 2020年10月16日で創立124年を迎えた伝統校ですが、どんどん新しくて面白いことにチャレンジしています。