とある教師の独り言(モノローグ) ~私の「元気が出る曲」 (パート11)~
見出し画像

とある教師の独り言(モノローグ) ~私の「元気が出る曲」 (パート11)~

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。
指導教科は、英語

今回は、「とある教師の独り言(モノローグ)パート29

「モノローグ」という響き、個人的には好きである。「倒して覚える英単語」がもうすぐコンプリートとなるので、できれば単語も紹介していこうかと考えてはいるのだが、もう少し音楽を紹介していこうかと考えている。

というわけで、今回のタイトルは、「~私の「元気が出る曲」(パート11)~」である。

No music, no life.

今回から何回かは、皆さんもご覧になったであろう、オリンピックの選手入場の際に用いられた曲から紹介していこうと思う。前回紹介した「序曲のマーチ」は、実はオリンピックが開催される前に執筆したものであるが、初めに流れたときには本当に感極まるものがあった。

さて、今回紹介するのは?

テッテレテー テテテテテテテーーテレテテーテー
テテテーテテテーテーテーー♪
テッテレテー テテテテテテテーーテレテテーテー
テテテーテテテーテーテーー♪

これでわかったらすごい(笑)

そう、かの有名なゲーム、「モンスターハンター」より「英雄の証」である!
どうやら、入場中にこちらのゲームの曲が何曲か演奏されていたようだ。

え?なんでわからないかって?

それは、当ゲームを「ほとんどやったことがないから」である。
(弟は一時期かなりハマっていたようだが…)

たまたま、昔にこの曲を耳にしたのだが、そこからしばらくはループで聴き続けた記憶がある。
オーケストラの曲として聴いても、十分聴きごたえのある曲である。
壮大な雰囲気が、オリンピックの入場行進とマッチしていて、流れた瞬間声を上げてしまった(笑)。

世界規模でプレイされているゲームのようなので、海外で入場行進を見ていた方も気が付いたのかもしれない。
(実際、入場行進に関しては海外でも相当評価が高かったらしい。)

当ゲームをプレイしたことがない人も、一度聴いてみてほしい一曲である。

ではでは、今回はこの辺で。次もオリンピック入場曲から紹介したいと思う。

画像1


この記事が参加している募集

スキしてみて

Honi soit qui mal y pense
東京都千代田区神田の男子校、正則学園高等学校です。 2021年10月16日で創立125年を迎えた伝統校ですが、どんどん新しくて面白いことにチャレンジしています。