修学旅行でシンガポールに行って来た!!教員Tnaが語る~ユニバーサル・スタジオ・シンガポール編~
見出し画像

修学旅行でシンガポールに行って来た!!教員Tnaが語る~ユニバーサル・スタジオ・シンガポール編~

 ユニバーサル・グローヴの背景にヤシの木があるなんて、赤道付近のシンガポールですね。

画像1

 シンガポールのユニバ(ユニバーサル・スタジオ)は、アトラクションに並ぶ行列が大阪のユニバよりも短かった。
 また、パーク内を歩いているだけでも、日常生活から離れることが出来た。
 それはオブジェだけではなく、歩いている客が外国人であることも理由の一つになっていた。

画像2

画像3


 パーク内で生徒達に会う時には、写真を撮らせて貰った。
 帰国後、保護者会で御覧になって戴くために、教員内で生徒達の写真を共有し合い、クラス間で協力し合うことになっていた。

画像4

画像5

 生徒達も私服
 自分(Tna)も私服
 歩いている生徒に声を掛けて、写真を撮らせて貰っていると、
 それを見た外国人女性達の中には、喜々とした目で、ニタ~~~っと見続ける人達がいた!!
  スマフォで写真を撮っていると、カメラマンには見られないし、お互い私服だから、
 "少年好きなアジアン・オジサン”と勘違いされたっぽい!!

画像6

 昼食はインディアン・カレーの店に入った。
 客はマレー系の人達よりも、圧倒的にインド系の人達が多かった。
 日本人の姿はなかった。

画像7

画像8

 きっと、インド系の人達に合う味のカレーなのかも知れない。

 並んでいる後ろの方から日本人の会話が聞こえた。
 緊張が走った・・・
 『何県から来た人達なんだろう?』
 『現地にいるのか? 観光で来たのか?』
 『何歳位の人達なんだろう?』
 かすかに聞こえる会話から情報を取ろうとしていた。
 『まさかユニバ好きなオジサンと思われてんじゃないだろな?』
 日本人の話し声が聞こえた時に、色々な事を考えて、警戒していた。

 周りに誰も居ない席に着いた。

画像9

 目の前に並ぶ客達の中に日本人は居ない。
 食べている途中、目の前の席にインド系の人達が座り、
 隣の席に中華系の人達が座った。

画像10

 日本人の話し声が聞こえた時は、知らない日本人でも、心理的な距離感が外国人よりも凄く近くに感じられた。
 知らない日本人でも、日本語で話し掛けられることも有り得る。
 外国で、外国人に囲まれている分には、話し掛けられることはないだろう。相手にもされないだろう。
 意外にも、周りに日本人が居ない方が、気持ちが休まった。

 自分は海外経験が少ないんだな・・・
 外国で外国人と話す機会が少ないから、心理的な距離感が遠いんだな・・・
 そういえば、海外で外国人と英語で話すなんて、ほぼゼロだった・・・
 帰国したら、春休みにでも、海外旅行に行こう!!と思った。(この当時は12月)

 春休みはコロナで自粛生活になった

 Thank You

※他のシンガポール修学旅行編はこちらを


この記事が参加している募集

一度は行きたいあの場所

スキしてみて

謝謝!
東京都千代田区神田の男子校、正則学園高等学校です。 2021年10月16日で創立125年を迎えた伝統校ですが、どんどん新しくて面白いことにチャレンジしています。