見出し画像

明日の日本時間、AM8:00~全米No.1の視聴率番組がオンエア!

アメリカTV史上、
トップ15の番組のうち、14つがこの番組!

歴代2位以降からがこの番組で、
1982年1月24日49.1%(第16回)
1983年1月30日48.6%(第17回)
1986年1月26日48.3%(第20回)
2015年2月1日  47.5%(第49回)
1978年1月15日47.2%(第12回)と続きます。

ちなみに、アメリカの視聴率歴代最高は1983年2月28日のCBS『マッシュ』最終回で記録した60.2%

1991年(第25回)以降は平均視聴率は全て40%以上である全米の高視聴率番組。尚、40%を下回ったのは6回のみ。※ニールセン・メディア・リサーチ社(アメリカNo.1のリサーチ会社)調べ参考より

この番組は何❓

アメリカの4大スポーツでもあり、
1番人気スポーツでもあるNFLの王者決定戦の
SUPERBOWL 

全米年間No.1のチャンピオンチーム決定トーナメントの決勝戦を意味します

2回言いますが、平均視聴率は40%を超える視聴率なんですよ~
全米でですよ、全米で!

アメリカスポーツ界最大の祭典SUPERBOWL

NFL SuperBowl  = NFL Championship

SuperBowlとなってから
明日で第55回大会目です

VL

何のスポーツかというと、

アメリカンフットボール🏈

全米No.1 の人気スポーツです✨

アメリカの4大スポーツとは、
アメリカンフットボール🏈 NFL
バスケットボール🏀    NBA
アイスホッケー🏑     NHL
野球⚾          MLB

アメリカのスポーツNo.1アメリカンフットボール🏈

アメリカの生徒たちは、日本の生徒たちのこれだけをやるというのとは違い、2つのスポーツを選択し(二足の草履を履いて)、最終的にはどちらかを選択していく風習があります。

記憶に新しいかも知れませんが、バスケットボールの神様「マイケル・ジョーダン」氏は、バスケでは神様ですが、実は、野球でもMLBのシカゴ・ホワイトソックスに所属してプレーしました。とんでもない方だやはり神様だ✨🏀

また、ボー・ジャクソンやディオン・サンダースは、NFLの超スター選手でありながら春夏はMLBに所属してプレーしていました🏈


どうやってそんなに盛り上がるの?

其の1 SUPERBOWLまでの試合の流れ

NFLは、9月第1週~翌年1月第1週まで全16試合を実施。その後、各カンファレンスの代表7チームによるチャンピオン決定トーナメント戦で勝ち上がり、各カンファレンスの代表チームが「決勝戦」で激突します✨

この決勝戦が、「 SUPER BOWL 

カンファレンスは2つあり
AFCNFCに分かれます!
(日本の野球だとセ・リーグとパ・リーグ)

画像1

出展:NFL JAPAN.COM

カンファレンスには4つの地区があり、各地区の1位はチャンピオン決定トーナメント戦に進出が決定。➡ここで4チーム決定(①②③④)、各地区1位でもチャンピオントーナメント戦の①~④の順番が勝敗最優先で決定。

残りの地区2位以下の全てのチームを勝敗(勝率)順に並べて上位3チームを選抜し、チャンピオン決定トーナメント戦に進出が決定。➡ここで3チーム決定(⑤⑥⑦)

①は1位、②は2位、・・・⑦は7位とします

各カンファレンスから7チームが選ばれて、合計14チームの中から、全米No.1のチャンピオンチーム🏆を決定するトーナメント戦となります。
(ちなみにトロフィーをビンス・ロンバルディ・トロフィー :Vince Lombardi Trophyと言います。ティファニー社。純銀で職人の手作りトロフィー。値段は約300万円)

トーナメント1回戦
最初に各カンファレンスの②vs⑦、③vs⑥、④vs⑤が対戦。これを「ワイルドカード・プレイオフ」と呼びます。

トーナメント2回戦
ワイルドカードで勝ち上がった3チームのうち、一番低い順位が①と対戦し、残った2チームで対戦。これを「ディビジョナル・プレイオフ」と呼びます。

トーナメント準決勝
ディビジョナルで勝ち上がった2チームでカンファレンスの優勝を争います。これを「カンファレンス・チャンピオンシップ」と呼びます。

トーナメント決勝
そしていよいよ各カンファレンスのチャンピオンチーム(トーナメント準決勝を勝ち上がったチーム)だけが出場できる最後の1試合。そう、チャンピオン決定トーナメント戦の決勝戦🏈

全米チャンピオンを決めるべく決勝戦

Super Bowl

と呼びます。

チャンピオン決定トーナメント戦の対戦カードは、①~⑦の順で上記のように決定され、しかも上位チームのホームスタジアムで対戦するのがルール

そのラウンドで勝ち残ったチームの内の最上位チームが最下位チームと対戦するというルールであるため、ディビジョナル・プレーオフの対戦カードはワイルドカードの結果により変動します。

※昨シーズンまでは6チームだったので各カンファレンス②の2位チームもディビジョナル・プレイオフから出場でしたが、今シーズンから7チームになったので、2位であってもワイルドカードから出場。しかも来シーズンのレギュラー・シーズンから17試合に?という大改革中。
人気があっても満足することなく、改革をする姿勢が素晴らしい✨だから人気が落ちない秘訣なんでしょうか!NFLは!!

各カンファレンス①の1位チームほど、優位✨つまり、レギュラーシーズンを良い形で終わらせなければチャンピオンチームになる確率は高くなることは言うまでもないが、どんな大番狂わせがあるかが、トーナメント戦のノックアウト方式の面白さ。

ただ、やはりレギュラーシーズンで良い成績を収めればチャンピオンチームになる近道となります。だからこそ、常に毎試合激戦。レギュラーシーズンからチケットは完売。

そして、こんな話が映画で使われています。
「お尋ね者の犯罪者にSuperBowl のチケットを送っておくと、当日スタジアムに現れその席で観戦している」
それくらいのプレミアムチケットなんですよ!SuperBowlって。
(話が逸れた💦)

其の2の1 ハーフタイムショー❣

世界を代表するアーティストたちがライブが見れます!マイケル・ジャクソンやプリンス、マドンナ、レディ・ガガなどなど、もう凄いアーティストたちが毎年出演してうるショータイム❣

実際に見てもらった方が分かりやすので!下の素晴らしく分かりやすい「制作者 WatchMojo Japan」さんの動画をご覧ください👇

ちなみに、明日のハーフタイムショーは、カナダ出身のシンガーで過去に3度のグラミー賞受賞歴があるThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)が出演✨


其の2の2 国歌斉唱🎙

試合開始のキックオフ前に凄い方々が歌います🎙

国歌斉唱もハーフタイムショー同様にすごい

ちなみに、明日の国歌斉唱は、グラミー賞にノミネートされたアーティストのエリック・チャーチとジャズミン・サリヴァンが国歌を斉唱です👇

其の3 開催地でもイベント

関連イベントがもの凄いことになっています✨

毎年開催都市ではスーパーボウルの10日前からずっと大イベントを続けているんです。で、イベントには2種類あり、スーパーボウル・ホスト・コミッティとNFLが主催しているイベントです。どちらも毎年大盛況で、スポーツマーケティングの最高級と最新鋭が結集されてます。

ちなみに今年は1月29日からスタート!(NFL公式サイトを)

其の4 最高の技術で演出

TV中継の演出は、最高の技術を駆使して、テレビ局とNFLが様々な取組みを一緒に制作して放送しています。「超スーパーハイクオリティ映像」

SuperBowlは高視聴率が期待できることから、日本同様にテレビ離れしているに若者や女性層を取り込もうと、さらにクオリティの高い中継にすべく工夫しています。この生中継にかけています!と言っても過言ではないですね。

だからこそ、最高の技術を導入して、世界に最新をアピールする場であるとともにカッコ良い素敵な演出をするのです✨だから30秒のCMが6億円⁉(えぇっ~💦)とも言われるほどに。今年はペプシもコカ・コーラもCMから撤退したそうです(コロナの影響)。そんな中、新たにビール🍺会社が新CMを仕掛けるようです!詳しくはこちら👇

こういったパフォーマンスがイベントの祭典をさらに盛り上げるんですね!

🏈第55回🏈SuperBowl🏈

NFL ChampionshipでもあるSuperBowl✨

Kansas City Chiefs vs Tampa Bay Buccaneers

フロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアム

※SuperBowlの試合会場はシーズン前に決定済み

で行われます。日本時間8時~生中継BS1chです。

さぁ~もうわかってもらえましたか?

SuperBowl🏈 明日、いよいよ全米チャンピオンを決めるべく、全米が最も注目するスポーツ最大の祭典を生放送する番組。全米最大のスポーツイベントSuperBowl が、日本時間、明日の朝8時から生中継で全世界に放送されます。日本ではNHKBS1chでご覧いただけますので、是非に✨

明日のSuperBowl の生中継番組が、
全米の高視聴率番組なのです。

KC(チーフス)は2連覇がかかってます。私はTB(バッカニアーズ)を応援しています❣

なぜかって、

NFLの歴史上初のSuperBowl開催地チームが勝ち上がって出場する❣という快挙。それに加えてのトム・ブレイディ(QB)が勝ち、かつMVPに輝いたら、両カンファレンスチームに所属してのMVP獲得選手となり、これもまた初✨ここまできたらそうなって欲しい✨

そして、ペイトリオッツからブレイディと一緒に電撃移籍してきたロブ・グロンコウスキー(TE)もスーパーボウルリングを手にできます!この2選手がチームを改革。話題性も抜群。しかも移籍した年で頂点になるというこの快挙を明日で完成して欲しいと思い応援します!!『選手の気持ちが一番大切です✨(TBの戦略勝ちの予感大)』

ただ、どちらかが勝ってもですが、更なる歴史を塗り替えちゃいますので✨ 明日はどちらが勝つか⁉ どちらを応援するか!もしよかったら、どんな要素でも角度からでもよいので、一度見てみるのも面白いと思います。ちなみにですが、歴代全米トップ10の番組視聴者数は(アメリカは視聴者数>視聴率)

全てSuperBowl🏈です!(NFL.JAPANより)

それでは皆様、ごきげんよう~🏈GoodNight❣

Super Bowl LV

画像2

あとがき➊

本当にそんなに凄いのか?と思ってる方へ

あの「あつまれどうぶつの森」でも2月のイベントでアメフトのラグやメガホンが登場しちゃってま~す❣ SuperBowlがあるからですよ~

あつまれ動物の森

あとがき❷

それと、アメリカンフットボール🏈では数々のスーパースターがおります。ジョー・モンタナ、トロイ・エイクマン、ジム・ケリー、ダン・マリーノ、テレル・デーヴィス、ジェリー・ライス、エミット・スミス、バリー・サンダース、レジー・ホワイト、ブレッド・ファーブ、イーライ・マニング、ペイトン・マニング、ボン・ミラー、シャノン・シャープ、スターリング・シャープ・・・など数々の選手がいます!

本文でも名前を挙げましたが、私の好きな選手の一人がディオン・サンダース(CB:コーナーバック&リターナー)です✨アトランタ・ファルコンズ時代から大のめっちゃカッコ良い選手で華があります!優勝請負人の一人とも言えるほど。有名なのはジェリーライス(WR)vsディオンサンダース(CB)。各エースWRにディオンがマークしてチームの得点源を確実に下げる職人。色々と伝説を築いた選手です、今は解説者をやってます。(写真右)

画像6

私は好きな選手の中で、一番好きな選手は、

スーパースターの中のスーパースター、そう、

❝ミラクル・エルウェイ❞

こと、John Elway(ジョン・エルウェイ)🏈

が一番好きな選手です✨走って良し、かつ、投げたら強肩&SuperBowl 97・98シーズンを2連覇して引退したジョン・エルウェイ(QB)

画像4

やることなすことが全て規格外であり、華やか。そして数々の逆転劇で勝利に導いてきましたが、晩年までは色々と苦労し不名誉な記録なども少なくはないです。苦労したからこそ輝きが増したんです✨

目立つ華やかな選手ですから、話題性は多く!勝っても負けてもエルウェイ。と言えるくらいのスーパースター選手。入団前のドラフトからNFLを大慌させた一大ニュース!の張本人。(NFLドラフトのオススメ映画はこれ➡「ドラフト・デイ」:ケビン・コスナー主演)

がしかし、終わりよければすべてよし✨のように「2連覇しての引退」。2連覇目はなんとMVPを獲得して有終の美を飾りDenverBroncosを83年~98年シーズンをエルウェイの時代とまで言われるほどに。

GMはエルウェイの選手晩年に当時の監督を交代させました。チームの主軸「エルウェイ」の意向を最優先したことで、新しい監督のマイク・シャナハンHCやRBのテレル・デーヴィスらと共に2連覇を成し遂げたのです✨現役最後にエルウェイが結果を示したのです。最高✨🏈

画像3

John Elwayに関しては、またいずれご紹介します✨出身大学はスタンフォード大学で、大学生時代に全米野球代表の4番バッターで来日。東京ドームでプレーしてたんですよ!
(各競技のスパースターがというお話をエルウェイ関係で一つ)
バスケの神様マイケル・ジョーダン、アイスホッケーの神様ウェイン・グレツキーととも引退後、エルウェイ3人一緒に出資してMVPという会社を設立してるんです!もし写真を見たければGetty Imagesでご確認ください。

TouchdownPRO 1999年3月(第20号)より
「エルウェイ特集」から1ページを

画像5

SuperBowl55の前にNFLをもっと知りたいなぁ~って方はこちらをチェック

詳しく知りたい方は、NFL超入門~群雄割拠の32国志演義~でNFLが良く分かります🏈実に分かりやすいのでNFLのオススメサイトです✨

明日の朝8時~オンエア❣ NHK BS1で🏈

Danke schön!
34
東京都千代田区神田の男子校、正則学園高等学校です。 2020年10月16日で創立124年を迎えた伝統校ですが、どんどん新しくて面白いことにチャレンジしています。