芸術科教員が観た国際芸術祭
見出し画像

芸術科教員が観た国際芸術祭

こんにちは

とてつもなく暑い毎日が続いていますね。

久々登場の教員Hです。


『東京ビエンナーレ2020/2021』が本校の6階、7階で開催中ですが、(詳細はリンク先の記事で)

教員HはEMP先生とABC先生と一緒に、会場側スタッフという立ち位置で関わらせていただいております。要は閉館後の鍵閉めとか、万が一の時に対応したりする、そういう役割です。

『東京ビエンナーレ』についてはチラッと名前を聞いたことがあるくらいでしたが、今回自分の職場が会場になって、さらには少し関わらせてもらうことになったので、いろいろ調べたんですよ。

すごい規模の、すごいイベントなんですね。(語彙力)

いやホントに、関わらせていただけるなんて光栄なことです。



自分も、書道の篆刻というジャンルで一応作家として活動しています。2018年秋の日展で一度だけ入選しましたが、まだまだ会の末席を汚すペーペーです。

そんな自分ですが、芸術科書道の教員として「芸術」を生徒の前で語っています。万物が芸術!みたいな感覚で生きているので、今回みたいな、世界を舞台に活躍している作家さんや作品を間近で見れるなんて、興奮しないわけがないんですよ。

あんまり自分みたいなのが語るのも失礼になりますし、展示のネタバレにもなりかねないので、少しだけ。

画像1

会場順路的に、まず7階から

「いなせな東京Project」池田晶紀先生

写真展なんですが、みなさんがパッと想像する写真展ではありません。もうね、体育館の使い方、つまり見せ方(魅せ方)がすごい。

そして一枚一枚の写真。モデルはみんな「神田っ子

これがねぇ、表情がいいんですよ!!

もうね、観に来て!(語彙力)

ちなみに本校3年生の集合写真と、校長と生徒会長のツーショットも池田先生に撮っていただきました。展示もされています。それもまたいいんですよー。(集合写真に自分も写ってます笑)



次に6階

「そこで生えている。2013-2021」佐藤直樹先生

以前の記事で会場の写真とか、佐藤先生がその場で書いていることとか、かなりのネタバレが含まれていますが、これはホントに実際に自分の目で観ていただきたい。

もうね、





……



………




ホントにすごいですよ(語彙力)

圧倒されます。だって何百メートルも横につながっている作品見たことありますか皆さん!

語彙力どうのこうのじゃなく、観ていただきたいから敢えてあまり書きません。


緊急事態宣言下ではありますが、対策をしっかりしていただいて、この夏、芸術に、非日常に触れてみてはいかがでしょうか。

正則学園での展示は8月28日(土)までとなっておりますので、ご注意ください。




毎度おなじみ教員Hの後書き

オリンピックが終わり、甲子園が始まりましたね。東京勢の二松学舎付属、東海大菅生に頑張っていただきたい!

さらに再来週にはパラリンピックが始まりますね。せっかく東京でやるんだから、オリンピックと同じくらいもっと中継増やして欲しいなぁ。

以上、5人しかいない職員室で甲子園を見ながらお送りいたしました。ごきげんよう~

この記事が参加している募集

スキしてみて

e^iπ=-1
東京都千代田区神田の男子校、正則学園高等学校です。 2020年10月16日で創立124年を迎えた伝統校ですが、どんどん新しくて面白いことにチャレンジしています。