とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート15)~
見出し画像

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート15)~

正則学園高等学校

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。
指導教科は、英語

今回は、「とある教師の独り狂言(モノローグ)」パート33。

ロゴも一新して、もう一つ記事を書こうと思う。
今回のタイトルは、「~私の「元気が出る曲」(パート15)~」である。

No music, no life.

音楽と自分のつながりも、いかに深いかがよくわかる。本当に冗談じゃなく、音楽がなかったら落ち込んだ自分を助けてくれたり、元気づけてくれたりしてくれるものがあったかどうか、と思ってしまうこともあるくらいだ。

さて、今回紹介したい曲は。
最近、CMでも流れているので知っている人も多いかもしれない。
(ただ、執筆から記事投稿までブランクがあることがあるので、私の記事が投稿されたときに流れているかどうかはわからないが…。)

私がこの曲に出会ったのは、YouTubeを見ていたときのことだ。
有料登録はしていないので、動画を見ようとするとCMを見ることになるのだが。
皆さんも通常、5秒くらい見てスキップすると思うのだが。

その曲が流れて、5秒で飛ばそうと思ったのだが、どうも「ん?」と思って飛ばさなかった。
(一緒に流れた映像が優しいタッチのアニメーションだったのも一つあるといえばあるとは思うが…。)

その後、調べてみたら有名なアーティストの曲だということが分かった。

君の名は。」の主題歌である「前前前世」で一世を風靡したRADWIMPS
そのRADWIMPSさんの曲だったのだ。

タイトルは、
MAKAFUKA」。

「魔訶不可思議」ってことなんだとは思うが、歌詞も不思議な感じである。

一方で曲も本当に素晴らしいと思う。
バックのバイオリンも、聞いていて心地よい。
何度聴いても聴き飽きない曲になっている。

ぜひ一度、聴いてもらいたい1曲である。

この記事が参加している募集

スキしてみて

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
謝謝!
正則学園高等学校
東京都千代田区神田の男子校、正則学園高等学校です。 2021年10月16日で創立125年を迎えた伝統校ですが、どんどん新しくて面白いことにチャレンジしています。