とある教師の独り言~『伝える』方法としての『非言語コミュニケーション』~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

とある教師の独り言~『伝える』方法としての『非言語コミュニケーション』~

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。
指導教科は、英語。

今回は、「とある教師の独り言」パート10
来ました。10作目。長い道のりでした。


オリンピックのテーマソングだった、ゆずさんの歌う某曲が頭の中を流れております
誰にも~見せない~♪

おっと、感動しすぎて「ですます調」になってしまった。
自らを見失うことは、一番やってはいけないことである。

ただ、10作目を迎えたので少し変化を持たせたい。
そこで、読み方を「とある教師の独り言(モノローグ)」と読ませることにしたい。
(パクってない…ですよね?)

さて、今回のタイトルは、「~『伝える』方法としての『非言語コミュニケーション』~」である。

以前、「伝え方が〇割」という本が売れた。

ただ、この「伝え方」というのは、(本を読んでいないので違っていたらごめんなさい)「言葉で」という意味だと思う。

SNSが流行っている昨今、「伝え方」は多様化の一途をたどっているように思える。
新型コロナの影響を考えると、ますます多様化してくるのではないかと勝手に思っている。

伝えるためのツールとして挙げるとするならば、例えば「写真」であったり、「ハンコ(英語にしてください)」であったり、「動画(映像)」であったり。
これらの「言語を用いない」コミュニケーションは、「非言語コミュニケーション」と呼ばれることがある。

この非言語のコミュニケーションも、時には必要なのではなかろうか。
言語を扱う教科の担当だからこそ、そのようなところにも意識が行くのかもしれない。
(どこかで聞いたフレーズ…。)

一方で、「実際に会って話をする」時の「非言語コミュニケーション」も大切なのではないかと思う。
会うことによって伝わるものもあるだろうし、単に「場所の共有」が「感情の共有」につながることだってあり得る。

会って話すときの「非言語コミュニケーション」の例としては、「表情」。

最近はマスクをしているので、この「表情」すら読めない時代になりつつある。
悲しいことだ。

また、「ボディーランゲージ」とはよく言ったもので、体の動きも十分「非言語コミュニケーション」と呼べるのではないだろうか。

頷き一つとっても、ただ単に「そうだよね」と共感するよりはるかに「“共感”感」が高まるのではないだろうか。

相手に伝える方法が少しずつ変わっている、このコロナの時代。
我々はどのように付き合い、克服していくのか。
言語のコミュニケーション非言語のコミュニケーションをどのように活用し、我々は生活していくのか。

難しい時代に突入してしまったと感じている。

我々一人一人が、日本人一人一人が…、

否。

人類一人一人が、考えていかなければならないテーマなのだと、私は思う。

この記事が参加している募集

スキしてみて

고마워!
東京都千代田区神田の男子校、正則学園高等学校です。 2020年10月16日で創立124年を迎えた伝統校ですが、どんどん新しくて面白いことにチャレンジしています。