マガジンのカバー画像

とある教師の独り狂言

56
正則学園高校のとある教師の独り言シリーズ。あんなことやこんなことを思うがままに書き綴っています!
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

とある教師の独り言~楽しい授業ってなんだろう?~

私は、正則学園高校に勤める一教員である。 指導教科は、英語。 今回は、「とある教師の独り言」パート6。 もう、「シリーズ化」してもいいのではないか、という回数である。(いや、もうシリーズ化されていた。) よくこういう「続きもの」は、どうしても続編が前のものよりもつまらないものになってしまい、 フェードアウトするケースも多々あるので、頑張りたいと思っている(笑)。 (世の中の需要がないならそれこそ「独り言」でもいいのだが(爆)。) さて、今回のタイトルは「~楽しい授業って

スキ
76

とある教師の独り狂言(モノローグ)~ウォーキングでの出会い・生き物編~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員、makki(マッキー)という者である。 51回目の投稿となる。 音楽の話が多いmakkiであるが、今回はまた少し趣向を変えたいと思う。 最近、休みの日にはウォーキングをするようにしている。 (これまでの記事でも何回か触れているが) その際、色々な場所に赴くとその場所で暮らす人々や生き物、その場所でしか見られない景色など、勝手に自分の中で「出会い」と呼んでいるようないわゆる「エンカウンター」があるのだ。 その中でも、今回は「生き物」

スキ
1

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート25)

私は、正則学園高校に勤める英語科教員のmakki(マッキー)という者である。 50作目になった。 節目ではあるのだろうが、セルフ祝いしても仕方ないのでいつも通りつらつらと思ったことを書く回にしようかと思っている。 そんな今回は、再び音楽の話である。 25回目ということなので、半分は音楽の話、か。 (makkiの脳内バレバレだな…) さて! 今回はもったいぶらずに、いきなりネタバレしながら書こうと思うのだが。 紹介したいのは、 DEENの歌う「君さえいれば」である。 (

スキ
8

とある教師の独り狂言(モノローグ)~車内アナウンスより・所感 ~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員のmakki(マッキー)という者である。 ついに、48作目。48と言えば、まあ、あれだ。 ラーラーラーララララーラーラー♪ ラーラーラーララララーラーラー♪ こんにちはー!FJK48でーす! (え。) 相変わらずぶっ壊れてるな、この人。うん。 さて、今回は。 ルルッルッルールルールルールールー ルールールールー♪ ルルッルッルールルールルールールー ルールールールー♪ 「東京の車窓から 第1弾 ~makkiの所感より~」

スキ
5

とある教師の独り狂言~位置ゲーは本当に痩せるのか?その後・身体計測の時~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員のmakki(マッキー)という者である。 今回の記事から読む方は、「初めまして」。 以前からずっと読んでくださっている方には、「お世話になっております」。 (モノローグなのに、何を言っているのだ(笑)) さて、今回は、以前紹介した「位置ゲーは本当に痩せるのか?」の答えを示そう、というわけである。 どんな話だったかは、「位置ゲーは本当に痩せるのか?」の回をご一読いただきたい。 まずは、私がやっている「位置ゲー」について、以前紹介したそ

スキ
8

とある教師の独り狂言(モノローグ)~位置ゲーは本当に痩せるのか?~

私は、正則学園高校に勤める一英語科教員である。名はmakki(マッキー)。 今回は、「とある教師の独り狂言(モノローグ)」パート40。 40回目になった。マンネリ化…していないことを祈ろう。 さて、今回のタイトルは、「位置ゲーは本当に痩せるのか?」である。 (今回も音楽以外の話で行こうと思う。) そもそも、「位置ゲー」というジャンルをご存知だろうか。実際の地図アプリを活用して、現実世界のアプリ使用者が動くとアプリ内のキャラクターもそれに伴って動く、というものである。

スキ
13

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の好きな英語フレーズ~

私は、正則学園高校に勤める一英語科教員である。名はmakki(マッキー)。 ただただ思いついたことをただひたすらに書き続けるこのコーナー。 「まだやってるよ、あの人。」 …ハイ、どーもすみません。 「それでも!守りたい世界があるんだー!」 …ハイ、どうもすみませんねぇ。 気を取り直して、行きますか。 今回も、音楽以外で書かせていただくことにしよう。 私は、ミステリーが好きな方である。 最近100巻を超えた、あの漫画に影響されてか、 コナン・ドイルの「シャーロック

スキ
10

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート24)~

私は、正則学園高校に勤める一英語科教員である。名はmakki(マッキー)。 もうすっかり馴染みとなった(?)、「とある教師の独り狂言(モノローグ)」シリーズ(マガジン)。 44作目の今回も、音楽の話でガンガン攻めていくことにしよう。 「~私の「元気が出る曲」(パート24)~」である。 No music, no life. 1975年に始まった、とあるシリーズ。 皆さんは、どの作品が「世代」だろうか。 多くの男性諸君は、「通ってきた道」だと思うのだが…。 ちなみに私は第13

スキ
12

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート23)~

私は、正則学園高校に勤める一英語科教員である。名はmakki(マッキー)。 「とある教師の独り狂言(モノローグ)」シリーズ(マガジン)を始めて、早43作目。 大多数が音楽の話を占める私makkiの今回の記事も、音楽の話で進めていきたいと思う。 題して、いつも通りではあるが、「~私の「元気が出る曲」(パート23)~」。 No music, no life. 今回は、ロシア民謡をば。 オクラホマミキサーやマイムマイムなどと並ぶ、フォークダンス曲の有名な一曲である。 すぐに曲

スキ
11

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート22)~

私は、正則学園高校に勤める一英語科教員である。名はmakki(マッキー)。 今回は、「とある教師の独り狂言(モノローグ)」パート42。 私は、もしかすると他の人より「忌み数」を気にする人間かもしれない。まあ、かと言って通し番号を飛ばすわけにはいかないのでそのまま使うが…。 さて、今回もクラシック音楽より。(まあ、今回もそのまますんなりとはいかないが。) タイトルは、「~私の「元気が出る曲」(パート22)~」。 No music, no life. 最早、私の投稿の

スキ
10

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート21)~

私は、正則学園高校に勤める一英語科教員である。名はmakki(マッキー)。 今回は、「とある教師の独り狂言(モノローグ)」パート41。 思えばここまで来たものだ。個人投稿者のマガジンの記事数なら負けていない…はず? さて、今回は元に戻って音楽系で。タイトルは「~私の「元気が出る曲」(パート21)~」。 No music, no life. 今回は、クラシックを攻めてみたいと思う。(makkiらしからぬか?) タイトルは、「CHAOTIC DRIVE」。 swit

スキ
12

とある教師の独り狂言~共通テスト(英語・リーディング)解いてみた・所感他~(2021年度バージョン)

私は、正則学園高校に勤める一英語科教員である。名はmakki(マッキー)。 皆さんはいかがお過ごしだろうか。私は、コロナ禍の中でもひっそりと記事を書き続けている毎日である。 (いや、毎日ではないか) さて、今回の独り狂言は、だいぶ間が開いてしまったが、「~共通テスト(英語・リーディング)解いてみた・所感他~(2021年度バージョン)」で行こうかと思う。 1月に実施されて問題が公開になった後、かなり早めに問題を解きにかかっていたのだが、なんだかんだで時間があまり取れず、

スキ
17

とある教師の独り狂言(モノローグ)~『ウィキペディアン』ってご存知?~

私は、正則学園高校に勤める一英語科教員である。名はmakki(マッキー)。 今回は、「とある教師の独り狂言(モノローグ)」パート39。 とある教師が、とある番組のとある台詞を引用してみる。 「SF作家のアイザック・アシモフはこう言いました。『人間は無用な知識が増えることで快感を覚えることができる唯一の動物である』」。 同世代前後の方なら、ピンときたかもしれない。 今はもう既にやっていないのだが、当時「へぇ~」が流行ったあの番組である。 さて、今回のタイトルは、「『

スキ
10

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート20)~

私は、正則学園高校に勤める一英語科教員である。名はmakki(マッキー)。 今回は、「とある教師の独り狂言(モノローグ)」パート38。 さあ、今日も音楽系で行かせてもらおう! タイトルは、「~私の「元気が出る曲」(パート20)~」。 (ついに半分以上音楽の話になってしまった…) No music, no life. まあ、いいか!音楽好きだし。 今回も、「曲」というより「作曲者(というかアーティスト)」にシフトしてみたいと思う。 活動期間20年以上というインデ

スキ
15