とある教師の独り言

23
固定された記事

とある教師の独り言~楽しい授業ってなんだろう?~

私は、正則学園高校に勤める一教員である。 指導教科は、英語。 今回は、「とある教師の独り言」パート6。 もう、「シリーズ化」してもいいのではないか、という回数である。(いや、もうシリーズ化されていた。) よくこういう「続きもの」は、どうしても続編が前のものよりもつまらないものになって…

とある教師の独り言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート1)~

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。 指導教科は、英語。 今回は、「とある教師の独り言(モノローグ)」パート17。 「今日は皆さんにお願いがあります。makkiのことは嫌いになっても、独り言のことは嫌いにならないでください。」…これ、著作権問題ないだろうか。 さ…

とある教師の独り言(モノローグ)~共通テスト(英語・リーディング)解いてみた・所感…

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。 指導教科は、英語。 今回は、「とある教師の独り言(モノローグ)」パート16。 一体、どこまで続くのか。野を越え、山越え、谷越えて。まあ、できるところまでやろうかと。 さて、今回のタイトルは、「~共通テスト(英語・リーデ…

とある教師の独り言(モノローグ)~最近利用している英語学習用のアプリの紹介(パート…

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。 指導教科は、英語。 今回は、「とある教師の独り言(モノローグ)」パート15。 …面白い続編を書くということは実に難しい。うん。(2回目) さて、今回のタイトルは、「~最近利用している英語学習用のアプリの紹介(パート3)~…

とある教師の独り言(モノローグ)~最近利用している英語学習用のアプリの紹介(パート2)…

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。 指導教科は、英語。 今回は、「とある教師の独り言(モノローグ)」パート14。 …続編を書くということは実に難しい。うん。 ↓↓前回の記事↓↓ さて、今回のタイトルは、「~最近利用している英語学習用のアプリの紹介(パート…

【オープン学級通信】担任所感 ~1年A組のとある1日~(makki)

m「おはようございまーす!」(「まーす」を強めに) クラス「おはようございます!」 …キーンコーンカーンコーン♪ m「チャイム鳴ったぞー!席に着けーい!」 (席に着く) m「じゃあまず、リスニング!プリント出してー!」 (プリントを出す生徒もいれば、ルーズリーフを出す生徒もいます。中…

とある教師の独り言(モノローグ)~英文法の勉強になった、好きな歌の歌詞~

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。 指導教科は、英語。 今回は、「とある教師の独り言(モノローグ)」パート13。 独り言と言いながら読者がいるのは、既に矛盾が生じている気がするが、ここでは敢えて言おう。「気にしない」と!(…伝わるかなぁ…。) さて、今回…

とある教師の独り言~最近利用している英語学習用のアプリの紹介~

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。 指導教科は、英語。 今回は、「とある教師の独り言(モノローグ)」パート12。 「ひ・と・り・ご・と!ひとりごと。」 (某オリンピック招致風に) …、はーい!(某芸人さん風に) …。 …たまには暴走もしていいはずだ。うん…

とある教師の独り言~朝のリスニング活動・ある日の放送原稿(抜粋)~

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。 指導教科は、英語。 今回は、「とある教師の独り言(モノローグ)」パート11。 独り言は好きな方だが、好きにも程がある。 さて、今回のタイトルは、「~朝のリスニング活動・ある日の放送原稿(抜粋)~」である。 Seisoku Gakue…

とある教師のつぶやき~英語科教員おすすめの英会話YouTuber紹介~

「英語」を「勉強する」と思うと、勉強が嫌いな子たちは英語を門前払いしてしまう...  私も英語が苦手だったけれど、きっかけがあり好きになり、得意になり、今では英語を教えています。 どうも、正則学園の英語科教師SNです。(Not磁石) つぶやきシリーズ第4弾。(とある教師の独り言とは別人物です…

とある教師の独り言~『伝える』方法としての『非言語コミュニケーション』~

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。 指導教科は、英語。 今回は、「とある教師の独り言」パート10。 来ました。10作目。長い道のりでした。 オリンピックのテーマソングだった、ゆずさんの歌う某曲が頭の中を流れております。 「誰にも~見せない~♪」 おっと、感動…