マガジンのカバー画像

とある教師の独り狂言

66
正則学園高校のとある教師の独り言シリーズ。あんなことやこんなことを思うがままに書き綴っています!
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

とある教師の独り言~楽しい授業ってなんだろう?~

私は、正則学園高校に勤める一教員である。 指導教科は、英語。 今回は、「とある教師の独り言」パート6。 もう、「シリーズ化」してもいいのではないか、という回数である。(いや、もうシリーズ化されていた。) よくこういう「続きもの」は、どうしても続編が前のものよりもつまらないものになってしまい、 フェードアウトするケースも多々あるので、頑張りたいと思っている(笑)。 (世の中の需要がないならそれこそ「独り言」でもいいのだが(爆)。) さて、今回のタイトルは「~楽しい授業って

スキ
79

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート29)~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員、makki(マッキー)という者である。 第60回到達!目下の目標まであと10だ。 がんばろ。 今回も、音楽の話をさせてもらおう。 No music, no life. 今回は英語の曲をご紹介。 しかも!語彙や文法・語法まで学べるという優れもの! いくつか紹介していこう。 まずは語彙・イディオムから。 歌詞に登場した順番に紹介しよう。 (…上記並べた語彙だけで何の曲か分かった方は…、 凄すぎる、とだけ言っておこう) 続いて、こ

スキ
4

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート28)~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員、makki(マッキー)という者である。 第59回目!次でいよいよ60回目だ。 (だからなんだ、という話なんだが) 今回は、音楽の話で。 No music, no life. …。 唐突だが。 職業柄、叱ることも多いのだが、「ぶっちゃけ」言えば、個人的にはあまり好きではない。 可能なら、「叱る」より「諭す」方法を模索しながら教員をやっているのだが。 (まあもちろん叱らなきゃいけないタイミングもあり、そこは押さえてはいるが) どうや

スキ
3

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の続けていること~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員、makki(マッキー)という者である。 今回、第58回のテーマは、英語で攻めてみようと思う。 以前(と言ってもかなり前だが)、こちらのマガジンで紹介した「最近利用している英語学習用のアプリ」で「ターゲットの友」というアプリを紹介した。 👉コチラの記事で紹介していました。 自分が「勉強」というものは「苦行」であると思ってやってきた反動なのか、どうしても「学習」は「苦行」であってはならない、と思いながら教員をやっている。 かのサッカ

スキ
8

【正則学園note WEEK】makkiのとある休日

皆さんこんにちは。正則学園英語科教員のmakkiです。 今回は、久しぶりに「素の自分」でお話させて頂きます。「私の休日」というテーマで、ということでしたので、最近の「とある休日」をお話させて頂きます。 そもそも、makkiの好物は音楽、というのは「独り狂言」の方でかなり書いているのでご存知の方も多いかと思います。それとは別にもう一つ、好物があります。 それは…、 「謎解き」。 テレビ番組で好きなジャンルもクイズ番組で(ドラマとか全然見ないんですよねぇ…)、解けたとき

スキ
10

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の一押しピアニストYouTuberさん~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員、makki(マッキー)という者である。 57作目となる今回も音楽の話なのだが、ちょっと違った視点から進めていこうと思う。 さて、突然だが、2021年の小学生がなりたいランキングの1位は何かご存知だろうか。 そう、「YouTuber」である。 YouTubeで動画を配信して、その広告料で生計を立てる職業。 …なのだが…。 私としてはかなり難しい職業のような気がする。あくまで副業として、の人が多いのではないのだろうか。 YouT

スキ
12

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート27)~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員、makki(マッキー)という者である。 第56回目となる今回も、コラボレーション作品をば。 今回は、音楽×ウォーキングである。 No music, no life. … 「若者もすなる聖地巡礼といふものを、教師もしてみむとて、するなり。」 (土佐日記と「かけて」みた) そう、今回は、「聖地巡礼」をウォーキングしながらしてみようという企画である。 (どんな企画だ…) この言葉自体を私が初めて聞いた時(もちろん元々の意味とは別の意

スキ
12

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート26)~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員、makki(マッキー)という者である。 第55回目となる今回は、音楽の話に戻そうと思う。 No music, no life. … You gotta do what? … I gotta believe! …年齢バレる? (ってもうバレてるか) 今の台詞だけでなんだかわかった人は、世代バレますよ(笑) とある音楽ゲームのキャラクターの台詞である。 その名も、「パラッパラッパー」。 パッパラパーではない。 まあ、私の文

スキ
11

とある教師の独り狂言(モノローグ)~ウォーキングでの出会い・生き物編(その2)~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員、makki(マッキー)という者である。 第54回のテーマも、同じくウォーキングの話から。 最近、太ったために履けなくなっていた以前購入したスーツのズボン(最近は「パンツ」と言う?)が履けるようになった。(何センチかは…聞かないでほしい(笑)) ウォーキングのおかげであると信じたい。 makkiは近年こそできていないが、毎年国内旅行をしており(親が旅行会社に勤めていたこともあってであるが)、行った先々で写真を撮ることが多い。 ただ、自

スキ
17

とある教師の独り狂言(モノローグ)~ウォーキングでの出会い・景色編(その2)~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員、makki(マッキー)という者である。 ナンバリングすると、投稿回数は53回目。 せっかくナンバリングしているので、目標は立てたいものである。 100…はとりあえずハードルが高い気がするので、とりあえず70くらいに設定しておこうと思う。 今回も、写真付きのウォーキング日記でいこうと思う。 景色の写真だが、こちら。 とても長い坂道の途中だ。 ゆずさんの某曲が流れてきそうな坂道であるが、長いのでゆっくり下っていくのは難しいかも。 (何坂

スキ
17

とある教師の独り狂言(モノローグ)~ウォーキングでの出会い・景色編~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員、makki(マッキー)という者である。 52回目の投稿となる。(この始まり方、まだ続ける感じか?) 今回も、写真を交えながらウォーキング日記でもつけてみんとす。 (急に古文入りましたー。) 今回のエンカウンターは、「景色」である。 現在、makkiは位置ゲーなるものをやっているのだが、GPSを用いた地図アプリを導入して作られている。ただ、本物の地図アプリと異なり、実際の画面を見ると位置関係は示すが「高低差」は表示してくれない。そのた

スキ
18

とある教師の独り狂言(モノローグ)~ウォーキングでの出会い・生き物編~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員、makki(マッキー)という者である。 51回目の投稿となる。 音楽の話が多いmakkiであるが、今回はまた少し趣向を変えたいと思う。 最近、休みの日にはウォーキングをするようにしている。 (これまでの記事でも何回か触れているが) その際、色々な場所に赴くとその場所で暮らす人々や生き物、その場所でしか見られない景色など、勝手に自分の中で「出会い」と呼んでいるようないわゆる「エンカウンター」があるのだ。 その中でも、今回は「生き物」

スキ
20

とある教師の独り狂言(モノローグ)~私の「元気が出る曲」(パート25)

私は、正則学園高校に勤める英語科教員のmakki(マッキー)という者である。 50作目になった。 節目ではあるのだろうが、セルフ祝いしても仕方ないのでいつも通りつらつらと思ったことを書く回にしようかと思っている。 そんな今回は、再び音楽の話である。 25回目ということなので、半分は音楽の話、か。 (makkiの脳内バレバレだな…) さて! 今回はもったいぶらずに、いきなりネタバレしながら書こうと思うのだが。 紹介したいのは、 DEENの歌う「君さえいれば」である。 (

スキ
21

とある教師の独り狂言(モノローグ)~車内アナウンスより・所感 ~

私は、正則学園高校に勤める英語科教員のmakki(マッキー)という者である。 ついに、48作目。48と言えば、まあ、あれだ。 ラーラーラーララララーラーラー♪ ラーラーラーララララーラーラー♪ こんにちはー!FJK48でーす! (え。) 相変わらずぶっ壊れてるな、この人。うん。 さて、今回は。 ルルッルッルールルールルールールー ルールールールー♪ ルルッルッルールルールルールールー ルールールールー♪ 「東京の車窓から 第1弾 ~makkiの所感より~」

スキ
15