とある教師の独り言(モノローグ) ~私の「元気が出る曲」 (パート10)~
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

とある教師の独り言(モノローグ) ~私の「元気が出る曲」 (パート10)~

私は、正則学園高校に勤める一教員である。名はmakki(マッキー)。
指導教科は、英語

今回は、「とある教師の独り言(モノローグ)パート28

音楽大好き人間makkiがお届けする、このモノローグシリーズ。(お前は教員じゃないのか!(笑))

本当に「自由気ままに」書かせて頂いている。今日はどんな音楽話が飛び出すのか、乞うご期待である。(独り言なのに?(笑))

さて、今回のタイトルは、「~私の「元気が出る曲」(パート10)~」である。

No music, no life.

今回は、このシリーズのタイトル、「とある教師の独り言(モノローグ)」に縁のある1曲を紹介しよう。
ということで、今回の「元気が出る曲」はというと?

flipSideさんの、「only my railgun」である!

そう、「とある科学の超電磁砲(レールガン)」というアニメの主題歌である。

アニメソングとしても根強い人気があるが、個人的にもflipSideさんの楽曲はとても元気が出る

今でこそやってはいないが、一時期「一人カラオケ」をやっていた時の自己ベスト曲でもあった(笑)。
裏声で女性の曲を歌うのはまた一興である。男性の方は(コロナ禍が終わったらでいいので)ぜひ一度お試しいただきたい。)

まあ、そんなこんなで熱弁をふるっているが、アニメ自体は見たことがない(笑)。

私のようにアニメを見たことがない人でも、とても元気の出る楽曲となっているので、ぜひ一度お聴きいただければ幸いである。

ではでは。
また次回(あるはず?)の記事でお会いしよう。


この記事が参加している募集

スキしてみて

ma=F
東京都千代田区神田の男子校、正則学園高等学校です。 2020年10月16日で創立124年を迎えた伝統校ですが、どんどん新しくて面白いことにチャレンジしています。